検索
  • akikazestudio

潰瘍性大腸炎 入院生活25日目

こんにちは。

今日で入院生活も25日目となりますが、一つ大きな進歩がありましたのでご報告をしたいと思います。本日より、低残渣食の方が開始され、ついに固形の食事にありつくことができました。症状が十分落ち着いており、療養の経過が良いことから、昼より食事をとらせていただきました。実に25日ぶりの食事となります。



昼食:おかゆ、味噌汁、鶏肉のささみ、ビーフン、小エビのふりかけのようなもの


夕飯:おかゆ、スープ、ちくわの炒め物、ちくわと根菜の煮物、焼き魚


25日ぶりとなる食事はとても美味しいのもありましたが、食べられることのできる喜びの方が大きかったこともあり、幸せを感じました。


ここに至るまで水分のみの摂取、点滴による栄養補給、栄養剤により栄養補給の3つの手段を用いて、生きながらており、体重も10kgほど落ちていました。



入院前


入院後


自分は身長が180cmあるのですが、身長に対しての体重が少なすぎて全身の骨と皮の状態です。


今日から食事が始まったこともあり、ゆっくりと体重の方をつけていき、体力の方も回復していけるように気長に頑張りたいと思います。


まだ、退院の目処は立っていないのですが、低残渣食のステップに入ったばかりなので、次のステップとして、普通の食事が最終的なラインかと思います。そのラインへと立つことができさえすれば、退院することができると思いますが、まだまだ先にはなりそのなので、ゆっくりと療養したいと思います。






25回の閲覧0件のコメント